Glitters 障害者スポーツ専門ニュースメディア

Sports News

キーワード検索
9 件
2021神戸女子車いすバスケットボール大会|車いすバスケットボール女子、再始動!
東京パラリンピック後、初の公式試合|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

2021神戸女子車いすバスケットボール大会

車いすバスケットボール女子、再始動! 東京パラリンピック後、初の公式試合

[詳細を見る]

東京2020パラリンピック競技大会 9/3【大会11日目】|車いすバスケ男子が史上初の決勝進出!水泳・木村敬一が悲願の金、自転車・杉浦佳子がロードで2冠|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

東京2020パラリンピック競技大会 9/3【大会11日目】

車いすバスケ男子が史上初の決勝進出!水泳・木村敬一が悲願の金、自転車・杉浦佳子がロードで2冠

9月3日、東京パラリンピック・大会11日目。
快進撃の止まらない車いすバスケットボールは男子の準決勝が行われ、2018年世界選手権チャンピオンのイギリスを「日本のバスケ」で破り、史上初の決勝進出を決めた。試合立ち上がりは硬さが見られイギリスに大きくリードを許したが、ディフェンスのシステムを変え徐々にペースを取り戻すと、香西宏昭の3ポイントが次々と決まり33-36で前半を終える。古澤拓也の2本のシュートで後半開始直後に日本が逆転するとシーソーゲームにもつれ込み、ローポインター・川原凜のシュートで日本がリードを広げる。最終クォーターでは両チームともに高い集中力で点の奪い合いを演じるが、日本の足は止まることがなかった。全員バスケで79-68と日本が準々決勝に続き歴史的勝利を収め、これで銀メダル以上が確定。日本中に熱狂と歓喜をもたらした。9月5日、東京パラリンピック最終日にアメリカとの決勝戦に挑む。

[詳細を見る]

東京2020パラリンピック競技大会 8/30【大会7日目】|車いすバスケットボール男子は予選4勝1敗で決勝トーナメントへ!|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

東京2020パラリンピック競技大会 8/30【大会7日目】

車いすバスケットボール男子は予選4勝1敗で決勝トーナメントへ!

8月30日、東京パラリンピック・大会7日目。
ここまで予選リーグ3勝1敗の車いすバスケットボール男子は、最終戦となるトルコとの一戦に臨んだ。2018年の世界選手権以来の対戦となるトルコは、立ち上がりから高さを活かしたプレーで勢いづくが、日本は選手交代で流れを一気に変え、持ち味であるトランジションバスケで立ち向かう。27-28で前半を折り返すと第4クォーターで一気に引き離し、自分たちのバスケを貫いた日本が55-67で勝利。日本は予選リーグ4勝1敗でグループA・2位通過となり、9月1日、決勝トーナメントでオーストラリアと対戦する。キャプテンの豊島は「僕たちの目標はメダル獲得なので、次の一戦が本当に重要になる。しっかりそこを勝ち切りたい」と決勝トーナメントへの意気込みを語った。

[詳細を見る]

東京2020パラリンピック競技大会 8/28【大会5日目】|トライアスロン 宇田秀生が日本人勢初の銀メダル獲得!|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

東京2020パラリンピック競技大会 8/28【大会5日目】

トライアスロン 宇田秀生が日本人勢初の銀メダル獲得!

8月28日、東京パラリンピック・大会5日目はトライアスロン・宇田秀生の銀メダル獲得から始まった。団体競技では車いすバスケットボール男子がカナダに逆転勝利を収め、3連勝とした。

[詳細を見る]

車いすバスケットボール有明特別強化試合|日本代表、東京パラの会場で初プレー|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

車いすバスケットボール有明特別強化試合

日本代表、東京パラの会場で初プレー

5月9日、車いすバスケットボールの有明特別強化試合が有明アリーナ(東京都江東区)にて開催された。会場である有明アリーナは、東京パラリンピックの際に車いすバスケットボールの試合会場として使用される。女子日本代表対千葉ホークス、男子日本代表(ブラック)対男子日本代表(ホワイト)の2試合が行われた。

[詳細を見る]

三菱電機WORLD CHALLENGE CUP 2019|日本は3位で大会を終えるも、東京パラに向けて大きな収穫|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

三菱電機WORLD CHALLENGE CUP 2019

日本は3位で大会を終えるも、東京パラに向けて大きな収穫

車いすバスケットボール男子日本代表の国際強化試合「三菱電機 WORLD CHALLENGE CUP 2019」。
来年の東京パラリンピックでは車いすバスケットボールの試合会場となる、東京・調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザを会場に、連日、手に汗握る熱戦が繰り広げられた。

[詳細を見る]

2018車いすバスケットボール世界選手権(6日目)|15点差を猛追も、わずか2点差に散る|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

2018車いすバスケットボール世界選手権(6日目)

15点差を猛追も、わずか2点差に散る

4年に一度の車いすバスケットボールの世界選手権。大会6日目の21日(現地時間)、日本は決勝トーナメント1回戦でスペインと対戦。リオデジャネイロパラリンピック銀メダルチームから、日本は1Qでリードを奪うも、2Q、3Qは日本のシュートがゴールに嫌われ続けた。それでも4Qでは15点差を同点にまで追い上げた日本だったが、最後はわずか2点差の50-52で敗れた。

[詳細を見る]

2018車いすバスケットボール世界選手権(2日目)|日本、白星発進!流れを変えたチーム最年少・鳥海連志|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

2018車いすバスケットボール世界選手権(2日目)

日本、白星発進!流れを変えたチーム最年少・鳥海連志

16日(現地時間)に開幕した車いすバスケットボールの世界選手権。男子16チーム、女子12チームで「世界一」を決める4年に一度の大会に、男子日本代表が出場。チームは2020年東京パラリンピックでのダル獲得に向け、過去最高の「4位以上」を狙う。大会2日目の17日、日本はグループリーグ初戦でトルコと対戦。前半でリードを許したものの、徐々に攻守の切り替えが速い「トランジションバスケ」が機能し、後半に逆転。日本は58-50で初戦を制し、白星発進した。

[詳細を見る]

第4回北九州車椅子ソフトボール大会|全国から9チームが集まる。北九州が初優勝。|障害者スポーツ専門情報サイト Sports News

第4回北九州車椅子ソフトボール大会

全国から9チームが集まる。北九州が初優勝。

第4回北九州車椅子ソフトボール大会は、2月10、11日の二日間に穴生ドーム(福岡県・北九州市)で行われた。北九州大会は、北九州市立大学の学生の授業の一環として始まり、今大会は全国から9チーム、総勢124名が集まった。
2日目に決勝が行われ、北九州シルバーウィングスが2連覇を目指していた東京レジェンドフェローズに11-2で完勝し、悲願の初優勝を果たした。
車椅子ソフトボールは、北翔大学(北海道・江別市)大西昌美准教授が車椅子に乗りながらできる野球、ソフトボールをコンセプトに発案し、車いすバスケットボールと同様に障害の重さによって持ち点が決まる。重度から0点から3点で10人の合計が21点以内でチームを組み、健常者も参加ができるスポーツ。現在、日米を中心にパラリンピック競技を目指している。

【結果一覧】
1位 北九州シルバーウィングス
2位 Tokyo Legend Fellows
3位 関西unbalance

[詳細を見る]

9 件